【家計管理】マネーフォワードMEで固定費削減おすすめの使い方解説

家計管理

こんにちは、妊婦な。です。

皆さんは家計管理どうしていますか

データによると、お金の管理をしている人のうち、家計簿アプリを使っている人は41%

そんな知らないと損!な家計簿アプリ・・・
今回は調査でも利用者第1位になっている、家計簿アプリマネーフォワードMEとはどんなアプリなのか、
紹介していきたいと思います。

調査の結果について詳しく知りたい人はこちらから。↓

この記事では、

  • 家計簿アプリ利用率1位のマネーフォワードMEとは?
  • マネーフォワードのおすすめポイント
  • おすすめカスタマイズ方法

について解説していきます!

この記事はこんな人におすすめ👍
  • 家計簿をつけているけど、なかなか続かない
  • 家計管理を始めたいけれど、管理しやすいツールがわからない
  • できるだけ楽に家計管理ができる方法を知りたい

家計管理おすすめアプリマネーフォワードME

家計簿アプリマネーフォワードMEとは?

実際に私も使っている家計簿アプリマネーフォワードMEですが、
まずどんなアプリなのかについて紹介していきます。

マネーフォワードMEとは、銀行口座やクレジットカードなどを登録することで、
自動的に家計簿を作成、管理してくれる便利な家計簿アプリです!

ダウンロードはこちら。↓

もっと詳しく知りたい!という方は、こちらの動画もおすすめです。↓

マネーフォワードMEのおすすめポイント4選

利用者もとても多いマネーフォワードMEですが、
実際に利用する中で、おすすめだなと思うポイントを4つ紹介したいと思います!

マネーフォワードMEのおすすめポイント4つ
1.クレジットカードの登録で、自動的に使ったお金が反映される
2.銀行口座の登録が複数でき、収支が一目でわかる
3.自動入力だけでなく、もちろん手動での入力もできる
4.楽天市場やAmazonなどの連携で、ポイントも合わせて管理できる

1つ1つ順番に解説していきます。

クレジットカードの登録で、自動的に使ったお金が反映される

家計管理で家計簿をつけるときにめんどくさいのって、
記入し忘れてしまったり、レシートをなくして支出がわからなくなったりと、

支出があるたびに家計簿に記入する手間かなと思います。

しかし、このマネーフォワードMEのアプリは、先ほどお伝えした通り
自動で使ったお金がアプリに反映されていくので、都度都度記入する手間がありません

アプリにカード情報を入力すれば、自動でアプリに反映されるため手間いらず
自動でカテゴリー分けもしてくれるので、何にどのくらい使ったかが一目瞭然!

な。
な。

無料版だと、反映されるまでに数日かかりますが、

いまのところ私は無料版で十分家計管理ができています

銀行口座の登録が複数でき、収支が一目でわかる

マネーフォワードMEでは、クレジットカードの登録だけでなく、
銀行口座も複数連携して登録することができます!

銀行口座をアプリに連携することで、銀行からの引き落としや給与(収入)なども自動反映されるため、
何もしなくても毎月の収支バランスを確認できる!

実際の画面はこんな感じで、今持っている自分の資産総額や、月ごとの収支が一目でわかります。↓

f:id:naaa_poke:20210717131055p:plain

 自動だけでなく、もちろん手動での入力もできる!

クレジットカード、銀行口座が登録できるとはいえ、まだまだ現金でしか払えない場所も多いもの・・・。

現金での支出を管理するのは特に大変ですが、
マネーフォワードMEの項目にはお財布という項目もあるため、現金で支払ったお金は
手動で入力することも可能です。

カード、クレジットの自動入力だけでなく、
現金払いの時のために手動入力にも対応しているため、支出の記入漏れを防げる

楽天市場やAmazonなどの連携で、ポイントも合わせて管理できる

買い物などで楽天市場Amazonなどを使う場合、多くの人が貯まっているポイントを使うことがあると思います。

その場合、ポイント分の支出が管理しづらい、などの問題もでてきますが、
マネーフォワードMEでは楽天市場やAmazonなども連携可能なため、
ポイントもまとめて管理することができます

楽天市場、Amazonなどのサービスもアプリに連携することで、
ポイントの残りやポイントで支払ったものについてももれなく管理できる!

登録方法も簡単で、
口座などと同様に下の画像のような右上の追加ボタンから、簡単に連携することができます。

f:id:naaa_poke:20210717132716p:plain

 おすすめカスタマイズ方法

家計簿アプリの利用率1位で、自動反映などとても便利なマネーフォワードMEですが、
家計管理を続ける秘訣は、自分のやりやすいツールを使うこと!

そのまま使いこなせる人はそれでもOKですが、
私の場合、超ずぼらなので管理項目が多すぎるとなかなか管理しきれない・・・

ということで、動画などを参考にしながら
マネーフォワードME自分自身が管理しやすいようにカスタマイズしてみたので、
そちらも紹介していきます!

な。
な。

より家計簿を見やすく、使いやすくしたい!という人はぜひ参考にしてみてください!

このカスタマイズで、支出を見直したおかげで私は支出が月-10万円以上下がりました

参考にした記事はこちら。↓

実際に私が使っている家計簿の項目はこちらです。↓

f:id:naaa_poke:20210717133831p:plain

カスタマイズの仕方を、ポイントと合わせて解説していきます。

マネーフォワードMEのカスタマイズポイント
1.管理したい項目を絞る
2.管理したい項目の中に、わかりやすいよう中項目を作る

管理したい項目を絞る

先ほどの参考記事にもありましたが、マネーフォワードMEで管理できる項目はとてもたくさんあります。

家計管理をする上で、項目ごとに予算をたててその範囲内に支出を抑えることが大切ですが、
項目が多すぎると予算を立てて管理するのも大変・・・

そのため、まず最初に管理項目をしぼることが大切です!

な。
な。

私は、大きく4項目+1項目にしぼっています!

5項目の内訳は、上の画像の円グラフにもある通り、
食費・住宅・日用品・交際費+特別な支出の5項目です。

私の分け方の基本としては、

項目ごとの内容

  • 住宅・・・固定で毎月かかるものと、それに関連するお金すべて(車関係、家賃、光熱費、ネット環境など)
  • 食費・・・食事関係のお金すべて(外食費、コンビニ代、スーパーなど)
  • 日用品・・・毎月変動があるもので、生活にかかわるお金すべて(ドラッグストア購入品、消耗品など)
  • 交際費・・・お小遣いや贅沢費(レジャー代など)
  • 特別な支出・・・基本使わないが、一時的に貯金から払うお金(引っ越し代、家電購入費など)

の分類で大まかにわけています。

管理したい項目の中に、わかりやすいよう中項目をつくる

次に私がやることとしては、
先ほどの4項目だけだとざっくりとした分類なので、その中に細かく中項目を作っていきます

な。
な。

作り方についても解説していきます!

下のバーの「入力」を選択

f:id:naaa_poke:20210717135802p:plain

項目のボタンを押す

f:id:naaa_poke:20210717135840p:plain

カテゴリ一覧の、変更したい項目を押す

f:id:naaa_poke:20210717140042p:plain

右下のカテゴリ追加を選択

f:id:naaa_poke:20210717140108p:plain

自分で管理したいカテゴリを入力

f:id:naaa_poke:20210717140146p:plain

で変更できます!

使わない項目でも、既存の項目は消すことができません!

実際の私の管理項目

一例ですが、実際に私がマネーフォワードMEの項目をどのように分けているかについても
紹介します!

●住宅費

  • 家賃
  • 交通費(電車代など)
  • 車費(駐車場、ガソリン、高速代、車検など)
  • 水道、、光熱費
  • 通信費(ネットフリックスなど)

●食費

  • スーパー(自炊)
  • コンビニ
  • 外食、デリバリー
  • 旦那くん昼代

●日用品

  • 日用品
  • 子育て用品

●交際費

  • 小遣い(自分と旦那くん)
  • 贅沢買い物(ポケカなど趣味のもの)
  • 書籍代
  • 美容関係(美容院など)
  • 洋服代
  • プレゼント代

●特別な支出

  • 家具、家電
  • 引っ越し代
    ※都度特別な支出があった時に項目を増やしています
な。
な。

私は大体こんな感じで分けていますが、
日用品に美容院代を入れたり、管理の項目は自分がわかりやすい方法で分けるのが一番です!

  • 家計管理には、自動入力されるマネーフォワードMEがおすすめ
  • 自分なりのカスタマイズを見つけると、より管理がしやすい

マネーフォワードMEはとても便利で使いやすいアプリなのでおすすめです!

が、私自身はこのアプリだけだとカードを使いすぎてしまった経験もあります・・・

アプリを使っているけれど、なかなかそれだけだと管理がうまくいかない・・・
という方は、よかったらこちらの記事も参考にしてみてください!↓

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
少しでも参考になる方がいましたら幸いです。

次回もよろしくお願します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました